カントン包茎とはどういうものか

カントン包茎は、亀頭を包む皮が足りずに勃起時に皮が根本で締め付けられてしまう事象を示します。仮性包茎や真性包茎とは違い、カントンの場合には、亀頭の露出はしますが、ペニスの根本を皮が締め付けてしまうこともあり、痛みやうっ血を生じてしまうこともあります。

勃起時に亀頭の周囲が充血することにより、酷い場合には亀頭が壊死してしまったり、陰茎に重篤な症状が起きるケースもあります。正常な勃起を維持できないだけではなく、放置しておくことにより、大きな問題に発展する可能性もあるのです。

カントン包茎を治療するには、市販の治療器具で治す方法と、医療クリニックでの治療があります。自分で亀頭を露出するのは、無理に行うと皮が元に戻らなくなる可能性があります。真性のように明らかに包茎な状態ではないため、自分で解決できると考えがちですが、無理して治そうと考えるのではなく、専門医に相談を行ったほうが良いでしょう。

カントン包茎を治療するには

カントン包茎を放置すると、正常な勃起を得られないだけではなく、亀頭に臭いが溜まるなどの症状が出てきます。クリニックで行う治療方法は、亀頭が露出しやすいように、締め付けている皮を切除することから行ないます。デリケートな部分ですから、施術を受けることに不安を感じる方は多いでしょう。

クリニックでは、ペニスへ局所麻酔を施しながら施術を進めていきます。施術自体は短時間で済み、日帰りで済ませることも可能です。休暇を取得する必要もなく、空いているタイミングで気軽に施術を受けることが可能です。クリニックを選ぶ際には、アフターケアが充実しているところを選びましょう。

抜糸には、自然に解ける糸を使っていますが、施術後に問題が生じてしまっては意味がありません。施術後に問題が起きた場合には、スムーズな対処を行ってもらえるクリニックを選びましょう。カントン包茎を放置すると、男性としての自信もなくなります。臭いがするなど衛生的な問題だけではなく、早めに対処したほうが良いのです。

まとめ

カントン包茎は、亀頭を包む皮がきつく、勃起時に根本を皮が締め付けてしまう事象です。正常な勃起が維持できないだけではなく、ペニスが充血してしまうなど、様々な弊害が生じていきます。カントン包茎であることにより、性行為時に痛みが生じてしまうこともあります。

臭いがするなどの衛生面だけではなく、男性としての自信も失ってしまうのです。クリニックではカントン包茎の施術を行っています。利用者の口コミなどを参考にしながら、施術を受けるクリニックを選んでいきましょう。