男性器の悩みの一つに包茎が挙げられますが、一言で包茎といっても真性や仮性など様々なタイプのものがあります。その一つにカントン包茎と呼ばれるものがありますが、実際に詳しくその特徴やデメリットなどについて把握している人は少ないものです。

しかし包茎の中でもカントン包茎は非常に重度の状態となっているため、悪化すると思いも寄らない状態を招くことにもなり、早い段階での治療が望まれるます。なぜカントン包茎には治療の必要性があるのかを把握することによって、現在悩みを持っている人は、すぐにでもクリニックに行くことの大切さがわかるでしょう。

カントン包茎の具体的な症状

具体的にカントン包茎がどのようなものなのかというと、包皮口が狭いのにもかかわらず、無理やり皮をむいて亀頭がはれてしまった場合に、皮が元の位置に戻らない状態を指しています。多くの場合亀頭が圧迫されてうっ血を伴い、痛みを伴うことになるでしょう。

この原因としては、包皮口が狭いために発生します。狭い人が、無理やり力を入れて包茎を解消しようと剥こうとしたことが原因で、カントン包茎に至るということです。自分で無理に剥いた場合だけに限らず、例えば性行為の時などに突然包皮が翻り、カントン包茎になってしまうケースも見られます。

包皮口が狭いけれども、平常時には何とかむくことができる、勃起の際にむけたときに亀頭が締め付ける感覚がある、また実際に締め付けられているなどの状態を、カントン包茎と考えている人も多いことでしょう。

しかしこれらの状態は、カントン包茎になる一歩手前の段階の仮性包茎の状態です。この状態で無理に皮をむいた時に、包皮口が亀頭の根元をしめつけて血流が滞ってしまい、亀頭が膨れ上がり皮が元に戻らなくなることがあります。この皮が元に戻っていない状態がカントンにあたるということです。

リスクやデメリットによる治療の必要性

包皮口が狭いのにもかかわらず、無理に剥こうとすることで包皮が翻り、カントン包茎になるリスクがあります。これは狭い包皮口によりペニスが圧迫された状態であり、亀頭は鬱血している状態です。このまま放置すれば鬱血した部分の一部分が壊死してしまう可能性もあるため、速やかにクリニックで治療を受けなければなりません。

その中でもカントン包茎の状態は病気ともいえる扱いとなっています。そのためできる限り早めの治療が必要となります。正常な性行為が難しいだけではなく、健康上のリスクも大きくなってしまいます。

そのまま放置することによって、満足のいく性行為ができない可能性が高まります。勃起をした時にペニスがつっぱったり痛みが生じることにもなり、性行為の際にも痛みが生じることになるでしょう。すると感度も低下して正常に射精ができないこともあります。

また皮がむけにくく、亀頭と包皮の間には汚れや殺菌などがたまりやすくなります。これにより悪臭の原因になることもあるでしょう。同じような理由で不衛生になりがちなので、性感染症などをはじめとした感染症にかかりやすくなります。性行為によりパートナーに移してしまうリスクも考えられるでしょう。このようなリスクのメリットを知ると、治療の必要性がわかります。

悩みを解消するための治療の必要性

また実際の悩みを解消するために治療が必要になることもあります。その一つが見た目に関する悩みです。例えば皮をかぶったままのペニスを見られてしまうのが恥ずかしかったり、人と比べた場合に先が細くなっている気がするなどのような悩みが挙げられます

包皮口が狭い場合には、ほとんど皮をかぶった状態となっているので、見た目にコンプレックスを抱えている人は多く見られます。途中まで剥くことはできても、亀頭をすべて露出させることが難しいので、温泉や銭湯、サウナなどに行きたくても行けない人もいます。

また性行為に満足できない悩みを抱えている人も多く見られます。自慰に関しては特に問題はないけれども、パートナーとの性行為が怖い、性行為をすることで痛くて血が出てしまうことがあるなどの悩みです。包皮口が狭い場合には、性行為により包皮が避けて出血することもあり、場合によっては包皮が翻りカントンになることもあるでしょう。

自慰の場合には自分でコントロールすることができるかもしれませんが、性行為となると思いも寄らぬアクシデントが起こる可能性もあります。すると恐怖心が芽生えれば、性行為に対しても消極的になってしまうでしょう。このような悩みを解消するために、治療が必要であることがわかります。

おススメHP
メンズサポートクリニックがあなたの悩みに寄り添います
カントン包茎の悩みを相談できない方はこちらへ

メンズサポートクリニック新宿・横浜
【新宿院】東京都新宿区西新宿1-19-5 新宿幸容ビル3階
【横浜院】神奈川県横浜市西区南幸2-11-1 横浜MSビル6階
【予約相談】0120-215-007 (24時間対応)

まとめ

このように身体的な問題や悩みを解消するためにも、カントン包茎に悩んでいる場合には、治療が必要であることがわかります。カントン包茎を治すためには手術が必要となりますが、手術をするとなるとやはり様々な不安がつきまとうものです。一般的には麻酔を行なったうえで手術をするので、痛みを感じることはほとんどありません。

術後の注意事項を守ることで、数日で痛みは治まるでしょう。実際に手術を受けた人の多くが満足感を得て、もっと早くやっておけばよかったという声が多く聞かれます。見た目の問題も改善でき、パートナーとの性行為も楽しいものとなるでしょう。